魚を捌くのは難しいと思っていませんか?

「魚を捌くのが苦手」と言う人って結構多いですよね。

それで、ついつい肉料理や卵料理の方が多くなってしまったり…。

実は、私自身も管理栄養士でありながら、魚を捌くのが苦手でした。

本やYouTube動画を見ながらやってみても、なかなかうまくいかないんです。

魚がかわいそうになるくらいボロボロの切り身になってしまって・・・(笑)

しょうがないから、南蛮漬けにしてごまかしたりしていました。

 

ただ、魚を捌けなくても、料理はできますよね。

スーパーに行けば切り身が売ってあるし、頼めば調理もしてもらえますから。

でも、魚を上手に捌けないということが、自分の中でずっと引っかかっていました。

 

プロに直接教われば、すぐ上手にできるようになる

そんな時に出会ったのが、捌き50年・目利き40年で魚屋と海鮮丼屋さんを営まれていた今坂英治先生でした。

今坂先生に、魚が上手に捌けないと相談したら、本には載ってないようなアドバイスや情報をもらえました。

“魚は骨に当たる音を聴いて、耳でおろすものだ”

“薄い刃の包丁の方が、包丁の先が骨に当たる感覚をつかみやすい”

そのアドバイスで、魚をおろしてみると、今までボロボロになっていたのが嘘みたいに綺麗におろせるようになりました

 

そして、魚の捌き方教室を開いてみると、驚くことに、今まで魚に触ったことが無いような方でも、すぐに上手におろせるようになりました(!)

あんまりにも上手にできるので、今坂先生も、やっている本人も、テンションが上がります(笑)

↓骨が硬くて、捌くのが難しい天然鯛も、この通りです。

「あと1cmくらい奥!」

「あ!今、包丁が裏側に行った!」

「ここから裏に行ったから、ここからやり直してみて」

…と言う風に、途中でずれてしまっても、先生がすぐに気づいてくれて、どこからどう修正したら良いのか教えてくれるので、失敗する感覚も成功する感覚もつかめるんです。

やはり、プロに直接教わるのが、一番の上達の早道だと実感しました。

 

こんな方におすすめです

・魚料理や刺身を上手に作れるようになって、彼氏や旦那様を驚かせたい方

・魚の捌き方や豆知識を、魚屋さんに直接教わってみたい方

・魚を捌けるようになって、料理上手になりたい方

・料理のレパートリーを増やしたい方

・盛り付けのセンスを磨きたい方

・ついつい肉料理や卵料理ばかりになってしまう方

 

レッスンで得られる効果

・3枚おろしが売り物の切り身みたいに上手にできるようになる

・魚屋さんしか知らない捌き方のコツや、魚の見分け方などの情報が得られる

・新鮮なお魚を刺身で食べられる

・上手にできると楽しいので、家でも料理がしたくなる

・料亭のような刺身の盛り付け方ができるようになる

・料理に自信が付く

・彼氏や旦那様の胃袋をガッチリつかめる

 

レッスン受講者の声

・よく近所の人に釣った魚を丸ごともらっていましたが、どうしたら良いか分からなくて困っていました。今度からは、どんどん捌けそうです。

・初めて魚を触りましたが、上手にできました。今度、市場で箱に入った安い魚を買って、練習しようと思います。

・ネットで魚のさばき方で検索して、こちらの教室を見つけました。上手にできたし、とても美味しかったので、また参加したいです。

・他の料理教室で、“男性はだめだ”と断られて、料理教室を探していたので、こちらは男性参加OKで助かりました。こんなに上手におろせるものなんですね。

・新しい包丁を買ったので、使いたかったのと、今まで自己流だったのできちんと習いたくて、参加しました。天然物の鯛の骨にコブがあることや、最後に包丁を立てて切り落とすことを初めて知りました。

 

レッスンの特徴

魚の捌き方教室では、まず先生がデモンストレーションを見せてくださいます。

そして、少人数制なのでの先生が一人一人丁寧に教えてくださいます。

もし途中で失敗しても、修正できるので安心してください。

捌いた魚は刺身にしたり、皆で料理していきます。

盛り付けの方法も丁寧に教えてもらえますので、家で実践すると食卓が華やかになります。

できた料理は、皆で和気あいあいとお喋りをしながら食べます。

作業を一緒にするので、いつの間にか打ち解けています。

 

レッスンの様子

↓天然鯛を捌いた時のレッスンの様子を映した動画です。

講師のご紹介

今坂 英治 Eiji Imasaka (昭和空間ヘミングウェイオーナー)

魚屋の三代目に生まれ、小学生の頃から魚を捌き始め、中学生の頃には巨大なカジキマグロを解体していた。手伝いをさせられるのが嫌でしょうがなかったが、映画「老人と海」でカジキマグロを釣ることが命がけであることを知り、感銘を受けて、その作者の名前ヘミング・ウェイを店の名前にした。九工大近くで、営んでいた海鮮丼屋にはランチに100人が訪れるほどの盛況ぶりだった。そして今となっては、捌き50年、目利き40年。お昼にこだわりの海鮮丼を提供しながら、ヘミングウェイでレンタルスペース事業を営んでいる

9月のレッスンの内容

9月のテーマは「太刀魚のさばき方」です。

日時

2017年9月2日(土)10:00~13:30

場所

昭和空間ヘミングウェイ

HPはこちら:https://www.hemingway760.com/

公共交通機関をご利用の場合→九工大駅から徒歩2分です。

お車をご利用の場合→近くにコインパーキングがございます。g

定員

10名

持ってくるもの

エプロン

髪が長い方はまとめるもの

料金

4500円(税込み)

※当日に現金でのお支払いとなります。

主催者

予防栄養支援協会 秋永 百合香

キャンセルポリシー

・レッスン開始後に30分以上遅れて来られた場合は、調理済みの魚のご提供になります。

・キャンセルのご連絡は3日前までにお願いいたします。それ以降のキャンセルはキャンセル料を100%いただき、魚をクール便でお送りいたします。(魚の送付を希望されない場合でもキャンセル料は100%かかります。)

 

お申し込み方法

↓こちらのお申込みフォームからお申し込みください。

レッスンの開催情報はこちら

レッスンの開催情報やお役立ち情報は、FacebookやLINEで更新中です。

ぜひこちらからチェックされてくださいね。